【ロリポップとConoHa WING徹底比較】失敗しないサーバーの選び方!

【ロリポップとConoHa WING徹底比較】失敗しないサーバーの選び方!

この記事はブログとプログラミングで生計をたてている海外在住ウェブディベロッパーがわかりやすさにこだわって作成しました

サーバーは会社によって金額が全然違うしスペックはよくわからないので、ロリポップとConoHa WINGどちらがいいか教えてほしい!

確かにそうですね。国内だけで100社以上あるといわれているレンタルサーバーの中から、一つ選ぶのは難しいですね!ロリポップもConoHa WINGどちら初心者が使いやすいサーバーです。どちらにしようか決めかねている人に参考にしてもらえればと思います!

数ある国内のレンタルサーバーから初心者が扱いやすく「このサーバーを選べば間違いない!」という厳選2社のレンタルサーバーを徹底比較してみました!
筆者はこの15年間で10社以上のサーバーを乗り換えてきています。
その中でも筆者が長年使ってきてすべて知り尽くしているサーバー二つを厳選して紹介します。どちらを選んでも失敗することはありません!

ここで紹介するレンタルサーバーは、どちらもGMOインターネットグループのレンタルサーバー会社です。GMOインターネットグループは上場企業9社を含む、112社のグループ会社です。約半数がエンジニアでサーバーの管理からサポートまで一貫して提供している会社ですので、安心して利用できます。

ロリポップとConoHa WINGのスペック比較

レンタルサーバーの基本的なスペックの違いは各社公表してるデータを比較してみればある程度わかります。これから長く使っていくうえで満足できるスペックかどうか検討が必要です。

基本的なハードウェアスペックを比較

項目(プラン)ベーシック(ConoHa WING)ハイスピード(ロリポップ)
ディスクSSDSSD
ディスク容量250GB250GB
転送量制限4.5TB/月200GB/日

WordPressを使ったサイトは、ウェブサイトへのアクセスで静的なHTML/CSSのファイルを読むだけでなく、phpでコーディングされたプログラムによって、データベースを参照してそのデータを表示したり、またユーザから入力されたデータをデータベースに書き込んだりします。このため単純なHTML/CSSファイルのみで構成されたウェブサイトにくらべて、ストレージ(ハードディスクやSSDなどの)へのアクセス頻度が高く、ストレージのレスポンス速度がウェブサイト全体の速度に大きく影響するといっても過言ではありません。

この点、ConoHaWINGはサービス開始当初からすべてのプランのストレージにSSDが使われています。これまでConoHaWINGが国内でNo1(ConoHaWING2020年3月調べ)とうたってきた理由の一つとして想像できます。ロリポップも2020年8月に全プランをSSD化しています。

ミドルウェアや言語の比較

項目(プラン)ベーシック(ConoHa WING)ハイスピード(ロリポップ)
OSミドルウェアApache+nginxLiteSpeed
PHP
FTP接続
SSH接続

ロリポップのハイスピードプランとエンタープライズプランはウェブサーバーシステムが大幅に変更されました。その一番大きな変更はウェブサーバーソフトウェアにLITESPEEDを採用したことです。ウェブサーバーソフトウェアと言えばAPACHEがよく知られていますが、サーバーのアクセス増加に伴いより軽量で高負荷にも対応できるNGINXを採用するレンタルサーバーが増えてきました。LITESPEEDはNGINXよりもよりも高負荷に強く、アクセスが集中した場合でもサーバーがダウンしにくいと言われています。

LITESPEEDのスピードはNGINXの12倍も速い!

LITESPEED上でのWordPress の実行速度は Apache よりも約 84 倍、Nginxよりも12倍高速と、 公式サイトでうたわれています。

LITESPEED公式サイトより引用

その速さの理由は、LiteSpeed Webサーバーで利用できるキャッシュ機能(LiteSpeed Cache)が用意されているからです。
非常に高速かつ高性能で、キャッシュを有効にする事により、導入前と比較して数十倍〜数百倍程度、圧倒的に高速化する事が可能です。
また、サーバーの負荷が低くなる為、アクセス集中時にも安定してご利用いただけるようになります。
WordPressはLiteSpeed Casheを有効にするプラグインが用意されていて、誰でも簡単に高速化することができます!

データベースの比較

項目(プラン)ベーシック(ConoHa WING)ハイスピード(ロリポップ)
MySQL個数無制限無制限
MySQLサイズ2GB/個無制限
MySQL管理ツールphpMyAdminphpMyAdmin

最近は、WordPressインストール機能が標準で備わっているレンタルサーバーが増えてきましたので、あまり意識せずともインストールできるようになりました。しかし、WordPressの中枢はデータベースです。各レンタルサーバーごとにデータベース上の制約や違いがある場合もありますので、WordPress導入前にこの違いを把握しておきましょう。

WordPressでは、基本的に一つのサイトを構築するのにデータベースを一つ使用します。データベースが使用できるプランであればデータベース数の上限についてはあまり気にする必要はありません。また1データベースあたりのサイズの上限ですが、データベースのサイズが上限に近づけばパフォーマンスが低下しますので注意が必要です。しかし、WordPressにおいてデータベースには写真や動画データは格納されませんので、写真や動画データが多いからといってデータベースのスペースが消費されるわけではありません。データベースのサイズが通常レンタルサーバー会社が設けている制限に近づいたころには、対象プランの処理能力がそろそろ追いつかなくなることなので、プランの変更を検討した方がいいでしょう!

WordPressはブログサイト構築に特化したCMS(Contents Management System コンテンツマネージメントシステム)です。CMSとは、ブログ記事などのコンテンツの登録や更新や表示などブログサイト構築に必要な機能がパッケージ化されたソフトウェアのことを言います。データベースは、CMSにおいてコンテンツを格納する場所としてなくてはならないものです。

WordPressブログサイトの記事のページにアクセスされた場合は、サーバーにインストールされたWordPressのプログラムが、データベースから対象の記事のデータをとってきて、あらかじめあらかじめ決められた表示フォーマット(主にインストールされたテーマで決まる)でブラウザに表示されます。

ドメイン関連の比較

項目(プラン)ベーシック(ConoHa WING)ハイスピード(ロリポップ)
無料SSL
マルチドメイン無制限無制限
サブドメイン無制限ドメイン毎に500

ドメインはブログサイトの看板であり、ブログサイトを表示するための入り口です。

レンタルサーバーの場合は独自ドメインが使用できないとか有料というのはまずありませんが、ブログサイトに独自ドメインは必ず必要ですので確認しておきましょう。

無料SSLとは、Let’s Encryptを利用したサービスのことで、最近は無料SSLを標準で設定できるレンタルサーバーが増えてきました。ブログでも常時SSL化はSEOの観点からもすべきですので是非チェックしておきましょう。

無料SSLは、無料のSSLサーバー証明書であるLet’s Encryptを利用しています。この無料SSL、米国の非営利団体であるISRG(Internet Security Research Group)により運営されています。全てのWebサイトを暗号化することを目指したプロジェクトであり、現在では世界で1億枚以上の有効な証明書を発行しています。Facebookやシスコシステムズ、Akamai Technologies、Verizonといった数多くの大手企業のおかげで無料でSSLを利用できるようになりました。

WordPressインストールなどツールの比較

項目(プラン)ベーシック(ConoHa WING)ハイスピード(ロリポップ)
WordPressインストール機能
バックアップ機能無料(復元有料)
ファイルバックアップ期間14日7世代
データベースバックアップ期間14日7世代
MySQL管理ツールphpMyAdminphpMyAdmin
CRON(自動実行)無制限10

レンタルサーバーによって各社それぞれことなるツールが用意されています。このようなツールのほとんどはオープンソース(無償で公開されている)のものがほとんどですので自分でインストールすることが可能です。しかし、レンタルサーバー会社側で動作確認がされているものは安心して利用することができます。
※ツールがオープンソースの場合は、サポートを受けられるのはツールのインストールまでで、ツールの使い方等についてはサポートの対象外になります

WordPressインストール機能は、必要な情報をあらかじめ入力しておくと、データベースの作成からWordPressのインストールまですべて自動で行われる超便利な機能です。

データベースを参照または編集するためのツールとしてどちらもphpMyAdminが用意されています。しかし、Adminer.phpという1ファイルからなるサーバーアプリをサーバー上に置くだけで、データベースの参照または編集ができるようになります。

Adminer.phpはphpMyAdminよりも軽量でphpMyAdminとくらべても機能的に遜色ありません。管理画面からphpMyAdminが利用できない場合など、ぜひ一度使ってみてください。

セキュリティー対策関連比較

項目(プラン)ベーシック(ConoHa WING)ハイスピード(ロリポップ)
WAF
ディレクトリアクセス制限
海外アクセス制限

サポート対応の比較

項目(プラン)ベーシック(ConoHa WING)ハイスピード(ロリポップ)
メールサポート24時間24時間
チャットサポート平日:10時~18時平日・土日: 9:30〜13:00 14:00〜17:30
電話サポート平日:10時~18時平日:10:00〜18:00
マニュアル△(増えつつある)〇(公式あり、ネット上で情報多い)

ロリポップとConoHaWING各プランの金額を比較

ロリポップとConoHaWING各プランの金額を比較

ロリポップとConoHaWINGの月額料金

ロリポップもConoHaWINGも契約期間によって割引率がかわります。

ロリポップ 月額料金

 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
契約期間料金割引率料金割引率料金割引率料金割引率料金割引率
1ヶ月1000%3000%6000%1,0000%2,3000%
3ヶ月1000%3000%6000%1,0000%2,3000%
6ヶ月1000%25017%50017%75025%2,00013%
12ヶ月1000%25017%50017%75025%2,00013%
24ヶ月1000%25017%50017%63037%2,00013%
36ヶ月1000%25017%50017%50050%2,00013%

ConoHaWING 月額料金

 ベーシックスタンダードプレミアム
契約期間料金割引率料金割引率料金割引率
1ヶ月1,2000%2,4000%4,8000%
3ヶ月1,1008%2,3004%4,6004%
6ヶ月1,00017%2,15010%4,30010%
12ヶ月90025%1,95019%3,90019%
24ヶ月85029%1,85023%3,70023%
36ヶ月80033%1,75027%3,50027%

プランもいろいろあって契約期間によって料金もかわるのでどれがよいのかわかりません!

はじめての人はスペック的に満足できるもので、契約期間は短めがよいでしょう。

表だけではわかりにくいと思うので、ロリポップとConoHaWINGのおススメの二つのプランを、比較してみました。ぜひ参考にしてみてください!

ロリポップとConoHaWINGの同じ価格帯のプランをそれぞれ比較検討しました。

ロリポップハイスピードプラン とConoHaWINGベーシックプランの料金比較

ロリポップハイスピードプランとConoHaWINGベーシックプランの料金を、各契約期間ごとに比較した。

ロリポップエンタープライズプランとConoHaWINGスタンダードプランの料金比較

ロリポップエンタープライズプランとConoHaWINGスタンダードプランの料金を、各契約期間ごとに比較した。

契約期間ごとにロリポップ・ConoHaWINGの全プラン料金比較

ロリポップとConoHaWINGとも契約期間ごとに割引があって割引率が異なるので、契約期間が12カ月の場合のロリポップ・ConoHaWING全プランを比較してみます。

ロリポップvs ConoHa WING 料金比較(12ヵ月契約の場合)

ロリポップは、初心者にとって低価格帯のプランが豊富で魅力的です。月々250円からWordPressが使えるので、はじめてWordPressブログをはじめる人にはロリポップが向いています。

ConoHaWINGは、500円未満の低価格帯のプランがありませんが、1時間からサーバーを使用できるのは大きなメリットです。

サーバー応答速度を実際のWordPressサイトで検証

サーバー応答速度をPageSpeed Insightsで検証

ConoHa WINGは公式サイトで「国内No.1の圧倒的な速さ」とうたっており実際体感速度もかなりはやく、サービス開始からまだ2年にもかかわらずConoHa  WINGに乗り換えるユーザーが続出しています。

一方ロリポップは「爆速宣言」を発表して、2020年春にウェブサーバーにLITESPEEDを採用したり夏には全プランすべてSSDにしたり大幅なバージョンアップを実施しました。

お申込みフォーム / お申込み - ロリポップ!レンタルサーバー
ロリポップ!レンタルサーバーのお申込みフォーム。お申込みから10日間は無料お試し期間となっておりますので、まずは使ってお試しください!

どちらのヘビーユーザーでもある筆者の感覚では実用上どちらも十分速いサーバーですが、あえて両者の速度をくらべてみました。

検証方法

ロリポップとConoHa WINGで同じ価格帯のプランを比較

ほぼ同じ価格帯のプランとしてConoHa WINGのベーシックプランとロリポップのハイスピードプランを比較しました。

ここではWordPressの実際の使用状況下でのレスポンスを、WordPress側キャッシュ※ありとなしそれぞれのケースで、応答速度を比較検証してみました。

応答速度の計測にはウェブサイトの応答速度を計測するサイト(PageSpeed Insights)を使用しました。

検証方法は公平を期すためにレンタルサーバー側に設置されている高速化処理(キャッシュ)はどちらもすべてオフにして実施しました。

応答速度検証時のWordPress環境

テーマ:COCOONを使用

キャッシュ:テーマCocoonのキャッシュを使用

プラグイン:以下のプラグインを使用

  • CLASSIC EDITOR
  • siteorigin
  • shortcodes-ultimate
  • tinymce-advanced
  • ALL IN ONE SEO PACK
  • JETPACK
  • CONTACT FORM 7
  • really-simple-csv-importer
  • wp-multibyte-patch

「PageSpeed Insights」とは、Googleが提供するスコアを測定するためのツールです。PageSpeed InsightsはWebサイトを客観的に評価するために多くの人に利用されているツールです。

スコアでの評価は100点満点で次のようになっています。

スコア評価
90~100(緑)速い
50~89(オレンジ)平均
0~49(赤) 遅い

検証結果

WordPressキャッシュ未使用(スマホ・PC)

まず、キャッシュをオフにしてPageSpeed Insightsでそれぞれ20回計測しました。そのスコアを公開します。

DEVICEMOBILEPC
SERVERCONOHA WINGLOLIPOPCONOHA WINGLOLIPOP
1回目30405965
2回目36416269
3回目35436369
4回目37406171
5回目37396173
6回目38356172
7回目34356569
8回目35446272
9回目33406267
10回目36386269
11回目35376170
12回目37356169
13回目36406266
14回目34376168
15回目35386168
16回目37436177
17回目36396269
18回目37406067
19回目40386267
20回目37386369
平均35.753961.669.3

ロリポップvs ConoHa WING
PageSpeed Insightsスコアマーク件数(WordPressキャッシュなし・スマホ)

ロリポップvs ConoHa WING
PageSpeed Insightsスコアマーク件数(WordPressキャッシュなし・PC)

WordPressキャッシュ使用

今度はキャッシュをオンにして同様にPageSpeed Insightsで20回計測しました。

キャッシュを有効にするとPCスコアはConoHaWING、ロリポップとも20ポイントアップして90以上をマークするようになりました。キャッシュが効いているのがわかります。

DEVICEMOBILEPC
SERVERCONOHA WINGLOLIPOPCONOHA WINGLOLIPOP
1回目32638397
2回目45669196
3回目35609097
4回目37578898
5回目44539097
6回目43639097
7回目38608997
8回目46659097
9回目31678995
10回目39608996
11回目34598993
12回目38558991
13回目35538897
14回目34629097
15回目27609097
16回目35629097
17回目37699197
18回目32629198
19回目32609092
20回目41579198
平均36.7560.6589.496.2

ロリポップvs ConoHa WING
PageSpeed Insightsスコアマーク件数(WordPressキャッシュあり・スマホ)

ロリポップvs ConoHa WING
PageSpeed Insightsスコアマーク件数(WordPressキャッシュあり・PC)

結論

ロリポップのメリット

  • 低価格帯のプランが豊富
  • マニュアルやネットの情報が豊富
  • 最近リニューアルして高速化

ConoHaWINGのメリット

  • 一時間単位からサーバーを借りることが可能
  • プランの変更に制限がない
  • スピードが業界最速で安定

総評として、ロリポップはマニュアルやネット上の情報も見つかりやすくで低価格帯のプランが豊富ですので、ロリポップはこれからWordPressブログをはじめる初心者に向いているレンタルサーバーです。ConoHaWINGは運営実績は浅いですが、時間単位でサーバーのプランを変更したり借りられたりできるので、ConoHaWINGはこれまでWordPressブログを運用していた人にとても魅力的なのではないでしょうか。

ConoHaWINGは最近レンタルサーバー業界に参入してきましたが、それまでのVPSサービスの経験をいかして業界最速のレンタルサーバーを提供してきました。

ただ、2020年春からロリポップもサーバーを大幅にバージョンアップして、高速のハイスピードプランを投入してきたことで、当初ConoHaWINGがサービス開始時にうたっていた業界最速のとのマシンスペックの差はそれほど大きなものではなくなってきました

ロリポップもConoHaWINGもどちらも、基本的な機能は十分満足してコスパがよいサーバーです。どちらを選んでも後悔することはありません。ぜひご利用ください。

PHP/Javascript/WORDPRESS案件全般承ります

オーストラリアで主に日系企業や個人のお客様からのご依頼でお仕事をしております。この記事についてのご質問またはお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました