Adminer.phpの設置

この記事はブログとプログラミングで生計をたてている海外在住ウェブディベロッパーがわかりやすさにこだわって作成しました

 

 

はじめに

 

LAMP環境のデータベース管理用のサーバーアプリといえばphpMyAdminが有名ですが、かなり容量が大きく動作もかなり重たいです。

ちょっとデータベースの中を覗いてみたいとかの場合は、もっと軽いツールがほしいところです。そこで調べてみたところ、Adminer.phpとかいうアプリがみつかりました。

このアプリは、なんと1ファイルにすべて集約されています。それでいて、phpMyAdminとほぼ同様の機能がサポートされているようです。

 

 

インストール

 

このアプリの配布先(https://www.adminer.org/)からAdminer.phpをダウンロードします。次にサーバーのドキュメントルートにファイルをアップロードするだけで完了です。

 

 

使い方

 

使い方は至って簡単で、ドキュメントルートに配置された当ファイルをアクセスするだけです。

ログイン画面が表示されるのでデータベース情報とログイン情報を入力すると、ログインが完了します。

基本的にGUIで一通りの操作ができます。phpMyAdminのユーザーであればAdminer.phpは直感的に使えると思います。

 

 

ログイン時の「セッションの期限切れ」

 

ログイン情報が正しいのに「セッションの期限切れ。ログインし直してください。」のエラーが出る場合があります。

一部ブログ情報では、「永久的にログイン」のチェックをONにするとOKとの情報がありましたが、私の場合はログインできませんでした。

私の環境は、VMのVagrant環境(Kusanagi for vagrant)でしたので、デバッガでエラーの発生箇所を突き止めてみると、セッションの更新が失敗しているようでした。

「セッションの期限切れ」はそもそもセッションにアクセスできないことが原因でした。

 

 

トラブルシューティング

 

セッションのパスは、phpではsession.save_pathで設定されていますが、その設定場所は環境によって異なります。

PHPの環境設定ファイルphp.iniに設定されている場合や、apacheの設定ファイル内で読み込まれている場合があります。

私のVagrant環境では、apacheの設定でphp設定ファイル(php.conf)読み込まれていて、そこでPHPのセッションパスが指定されていました。

php_value session.save_path    "/var/lib/php/session"

※phpinfo()関数でphp情報を一覧すると一目瞭然です。

 

このパスにアクセスできないことが原因と思われるので、所有者をAPACHEにするまたはCHMODで権限を付与することで解決するでしょう。

 

 

大好評のSQL定番入門書が改訂されました! 
プログラミング学習シリーズ『SQL ゼロからはじめるデータベース操作』は、初心者でも理解できるようにSQLの基礎とコツをやさしく丁寧に教える入門書です。SQLを理解する上でなくてはならない一冊です。

PHP/Javascript/WORDPRESS案件全般承ります

オーストラリアで主に日系企業や個人のお客様からのご依頼でお仕事をしております。この記事についてのご質問またはお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました