【AWS】WorkMailのアカウントをGMAILで受信できるようにする

この記事はブログとプログラミングで生計をたてている海外在住ウェブディベロッパーがわかりやすさにこだわって作成しました

AWSのWorkmailをGmailで見ることはできませんか?

できます。Workmailに届いたメールをリダイレクトする方法をご紹介します。

必要な環境

  • Gmailアカウント
  • AWS Workmail
  • AWS Simple mail esrvice (SES)

したいこと

WorkMailのアカウントに届いたメールをGmailのアドレスへリダイレクトします。

SESのポリシーを変更

リダイレクトを行うためには、SESに対するアクションポリシーを追加する必要があります。

まずAmazon SESのコンソール画面を開き、 Domains をクリックします。

Identity Policies の項目を開き、対象のポリシーを探して Edit Policy をクリックします。

下記のSESに対するアクションポリシーを追加します。


"Action": [
    "ses:*",
    "ses:SendBounce",
    "ses:SendRawEmail"
]

ちなみにこのPolicyを変更することでSESの挙動を設定することができます。AWS公式ドキュメントのPolicy examplesはこちらです。

Policy examples - Amazon Simple Email Service
Provides examples of Amazon SES sending authorization policies.

Workmail設定リダイレクトするためのルールの追加

次はリダイレクトするためのルールをWorkMailに追加します。

WorkMailを開き、

  1. 歯車アイコンをクリック
  2. Email Ruleをクリック
  3. Newボタンをクリック

します。

次のようにルールを設定して保存します。

4.「has my name in the To or Cc box」を選択

5.「Redirect the message to …」を選択

リダイレクト先を指定する

これでWorkMailアドレス宛のメールがGmailのアカウントへリダイレクトされます。

まとめ

AWSのWorkMailをGmailで受信するための設定方法をまとめました。
GmailからWorkMailで設定したメールアカウントで送信する方法については別の記事でご紹介します。

PHP/Javascript/WORDPRESS案件全般承ります

オーストラリアで主に日系企業や個人のお客様からのご依頼でお仕事をしております。この記事についてのご質問またはお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました